乾燥肌だとニキビが出来やすい?原因と対処法について!

 

一般的に、肌質の状態は、一人ひとりの遺伝的な体質や、生活の過ごし方などにより、大きな個人差があると言われています。

特に、乾燥肌の人であれば、ニキビをはじめとする様々な肌トラブルに悩まされることが多いとされ、日常的に健康管理をきちんと行うことが求められます。

乾燥肌とは、角質層の水分量が10%を割り込んでしまった状態のことを言います。

乾燥肌の状態に応じて、定期的に保湿のケアをすることはもちろん、毎朝の洗顔の方法を工夫することにより、症状の悪化を最小限に抑えることが良いとされます。

乾燥肌がニキビの原因となることはご存知でしょうか。

皮脂や角質の水分が少なく、肌がカサカサしていて角質が分厚くなってしまうと、少ない皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビが出来てしまいます。

逆に、皮脂が多くても、実際は肌の水分量が少なく、過剰分泌による皮脂で毛穴が詰まり、慢性化させてしまうことがあります。

どちらも乾燥肌が原因で起こるので、十分な保湿が必要です。

必要な皮脂まで落としてしまう洗顔料なども、使う頻度を減らしたり、優しく洗顔することを心がけると良いでしょう。

乾燥肌は、様々な肌トラブルを引き起こす原因となることがあり、特に冬の時期には念入りに対策を立てることが大事です。

ニキビの対処法を覚えるには、食生活や運動習慣、ストレスなどのポイントをきちんと見直すことが勧められます。

また、乾燥肌の悩みを持つ女性は、決して珍しくないと言われており、ニキビのケアに取り組むにあたり、くれぐれも無理のない方法を選択することが必要です。

セラミド化粧水などを使用すると肌へ保湿成分をたっぷりと与えてくれ、乾燥肌や肌荒れも防いでくれる効果が期待できます。